車検の基準・項目

車検の基準|タイヤやマフラーにはどんな基準があるの?

更新日:

車検の基準

車検とは、その名の通り「車を検査」することです。その検査結果によって合否が判断されます。

ですので、当然合否を判断するための「基準」が設定されています。

ディーラーや車検工場にお願いする場合は、事前に基準を満たさない部分があると、指摘され交換を行いますが、ユーザー車検の場合は自分で判断する必要があります。

車検の基準とは

車検は、車両の安全性や環境への基準を満たしているかどうかを判断します。

そのための基準が設定されています。

内容は国土交通省が定めています。詳しくは、2017年4月4日現在の道路運送車両の保安基準

膨大な文字数になりますので、全てを列挙することは控えておきます。

ブレーキが利かない、ライトがつかない、など安全走行に問題を生じる部分は車検前の点検・整備で業者が修理を行うことでしょう。

走行性能に問題があれば当然車検は通りません。走行性能や安全性能、環境への影響についても細かく定められています。

そういったこと以外に、愛車のドレスアップとしてヘッドライトの交換やエアロパーツ装着、マフラーやタイヤ・ホイールの交換などをされる方も多いですよね。

新車の時と同じ純正部品のままであれば、不具合さえなければ車検は合格します。

純正以外は全てNGということはありませんが注意が必要なケースもあります。

今回は、交換されることの多いパーツについて、車検の基準をまとめてみました。

灯火類の基準

ライトは、夜間の走行や車線変更、左折や右折など、安全性に直接関わる重要な部分ですので、厳しく基準が設定されています。

ヘッドライト

ヘッドライト

ヘッドライトの色は、白色。で左右同じ色。(ただし平成17年12月31日以前の車は「黄色」でもOK)

色温度(ケルビン数)については、数値での制限ではなく車検の場合は、最終的な判断をくだすのは検査員です。

最近の流行りの青白いヘッドライトはケルビン数が高いものが多く、7000を超えると白色とはみなされず、車検委通らないことも考えられます。

6500位までにしておいた方が無難でしょう。

さらに、明るさやライトの向きなど、細かな基準があります。

ライトに関しては、ウィンカー・フォグランプ・リアフォグ・サイドマーカー・テールランプ等にも基準があります。

特にヘッドライトは良く交換される部品です。

交換前に車検に対応しているかどうか、よく確認しましょう。

エアロパーツ

こちらもドレスアップには欠かせないアイテムですよね。

フロントのスポイラーは地上高9cmに満たないものは基準に沿っていませんので、つけられません。

地上高9cm以下のリップスポイラーなんて、多分普通に運転したら、ぶつけまくって傷だらけになってしまいます。

フェンダーも片側10mmまでであれば、構造変更の申請をしなくても装着しても問題はないようです。※オーバーフェンダーの取り付け方法によって自動車検査員の判断次第では不合格になる場合もあります。

ホイール

タイヤ・ホイール

タイヤとホイールは、フェンダーからはみ出していたり、ブレーキホースやボディなどと干渉したり、スピードメーターが誤作動するほど、小さいもしくは大きなタイヤは車検には通りません。

タイヤは、当然溝の深さも確認されます。スリップサイン(1.6mm以下の溝)が出ているようなタイヤは、車検委は通りません。

安全面でも危険ですので、速やかに交換しましょう。

ハンドル(ステアリング)

車好きは、ハンドルの交換もよく行いますよね。純正以外となれば、エアバックがついていないハンドルも多いです。

エアバック付きの純正ハンドルから、エアバックなしの外部ハンドルに交換しても車検は通りますが、いくつか注意事項もあります。

自動車保険(任意保険)でエアバッグ割引が適用されている場合は、保険料が変わる可能性があります。

保険会社に確認したほうが無難です。万が一の事故の際、保管がきかなかったら大変ですから。

・ハンドルの直径が350mm以上(メーター類が見えにくい状態でないこと)

・エアバッグ付きの車で警告灯をつけっぱなしになっていない。

ということも前提です。

マフラー

マフラーも車好きは良く交換しますよね。

マフラーの基準は、最低地上高が9cm以上となっています。

また、やかましくない、先端がバンパーから飛び出ていない、先端が尖っていない、「触媒」が装着されている、などの基準があります。

交換していない純正マフラーでも、穴が開いているものはNGです。

その他にも基準はまだまだある

ここまで、純正品から社外品に交換されることが多いパーツについて、車検の基準を書いてきましたが、他にもたくさん基準はあります。

ディーラーや整備工場に車検を依頼する場合は、事前に整備点検を行いますので、不適合になりそうな部分は交換の見積もりが出てくることでしょう。

ユーザー車検を受ける方で、色々とパーツを社外品に交換されている方は、予備審査をテスター屋で行うことをお勧めします。

テスター屋では、陸運局と同じ検査ラインを備えているので、車検前に不適合箇所をあらかじめ知ることができます。

車検を受ける前に

車検を通す前に調べてみよう

車検は、やはり結構な出費ですよね。年式が経って、車検の回数が増えてくるとなおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていません。

相場は毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-車検の基準・項目

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.