知って得する情報 車検か買い替えか

10年落ち・10万キロ以上の【古い車】を高く売る方法はコレ!

更新日:

10万キロ以上のメーター

愛車の年式が10年以上、走行距離が10万キロ以上の場合、

「もう古いから査定はつかないだろう」と考えてしまう人が多いですが、これはかなり勿体ない考えです。

ディーラーや車買取業者の思うツボす。

だってタダで仕入れた車を彼らは「販売」しているのですから。

そのカラクリについてお伝えしますね。

車の寿命は10年・10万キロという「日本独特の迷信」

一昔前は、よく「車の寿命は10年・10万キロ」それ以上になったら買い替えたほうがいい、といわれていました。

これはもう「迷信」なんですよね。確かに昔の車はそれくらいになると、色々な所にガタが出てきて、修理や部品の交換で維持費が高くなるのは確かでした。

なぜ10年10万キロが寿命といわれたのか

タイミングベルトの交換時期だから

まずこの時点で交換すべき部品の一つが「タイミングベルト」です。

タイミングベルトは走行距離が10万キロ以上になると交換すべき部品です。エンジンの吸気と排気のタイミングをコントロールしている重要な部品です。

ベルトが切れてしまうと車は動かなくなりますし、エンジンも故障してしまいます。そうなるとエンジンの積み替えでないと修理できなくなります。

予防的に事前に交換するにしても、費用が5万円~10万円ほどかかります。結構な金額ですよね。

車検と重なれば20万円以上の出費となると、「買い替えようかな」と思うのも当然です。

自動車メーカーも新車を売ることが本業ですので、「そろそろ車を買い替えませんか?」ということを、どのお客さんにも言い続けてきたのです。

査定がつかなくなるから

10年以上・10万キロ以上の車には「査定がつかない」という風潮があります。

特にディーラーで車を買い替えようとすると、古い車にの査定は低く、金額がつかないこともよくあります。

実際に日本の中古車市場では古い車の人気は低いので、査定も厳しくなっています。

 

でも、すべて「迷信」です!

とんでもない乗り方をし続けたり、車検の時にしかオイル交換をしない、など全くメンテナンスをしない場合はわかりませんが、車の寿命は10年・10万キロではありません。

もっと、もっと走ることができます。

今回声を大にしてお伝えしたいのは、この2つです。

タイミングベルトを使っている車は今はほとんどない

古い車でも査定はつく

今の車はほとんど「タイミングチェーン」に変わっていて、交換時期は30万キロです。

また、古い車に査定がつかない、というのはディーラーが昔から言い続けてきた「迷信」です。

確かに古い車の査定は低くなりますが、0円ということはほとんどありません。

「査定がつくうちに車を買い替えましょう。そうすると次の車に資金を回せます。」というディーラーの新車を売りたいがためのセールストークです。

古い車を高く売る方法

愛車を高くうるためのポイントは、あなたの愛車を「ほしい!」と思ってくれる「車買取専門店」に売ることです。

決してディーラーに下取りに出してはいけません。ディーラーは新車を売ることが本業です。

古い車の下取りには何の興味もありません。「新車を買ってくれるなら、その古い車、引き取りましょうか。」という感じです。

一方車買取専門店はその名の通り「車を買い取る」ことが本業です。買い取るクルマ=仕入れですので、商売として車を積極的に買い取ります。

「でも10年・10万キロ以上の古い車でも買い取ってくれるお店なんてあるの?」

という声が聞こえてきそうですが「あります!」

あなたの愛車を「欲しい!」と思っているお店に売ることができれば、それが一番高く売れる方法です。

車の買取専門店には「得意分野」がある

一言で車買取専門店といっても、それぞれのお店には特徴があります。

ミニバン専門店や4駆専門店。高級セダン、外車、専門店。ジムニー・ハイエース専門店など自分のお店にあった車をそれぞれ探しています。

また、古い車を特に欲しがっているのは、海外に輸出のルートを持っているお店です。

海外では日本車はとても人気が高く、古い車でも良いく売れています。

なぜ、海外では古くても日本車が人気なの?

その理由は、

・日本には車検制度があって、良い品質が保たれている

・日本の道路は整備されているので足回りの状態も良い

・日本人は車を丁寧に乗る

・何といっても「日本製」は信頼のブランド

という事を外国の人も良く知っているのです。

それに、海外では10年10万キロなんて迷信はありません。

20万キロ以上の走行距離の車もバンバン現役で走っています。ですので、日本車は古くても海外で人気があるのです。

あなたの愛車を「欲しい!」と思うお店を見つける=一番高く売れる

とはいえ、何件も自分で探して回るのは大変です。休日を丸1日かけて探してみても、見つかる可能性は低いです。

まして「その車を探してました!」とワザワザ言ってくるお店もありません。

では一体どうのようにして、「欲しい!」と思ってくれるお店を探すことができるのか?

こちらのサービスを使えば、自宅で簡単に探すことができます。

かんたん車査定ガイド

わずかな入力で、複数の買取専門店に見積もりを依頼できます。探さなくても、相手から手を挙げてくれる、ということです。

また、入力後すぐに愛車の査定相場がわかります。

実際には、車の買取価格はお店によって大きく異なります。車種によっては20万円以上の開きが出ることも珍しいことではありません。

事前に相場を知っていれば、大切な愛車を安く買い叩かれることを防具事ができます。

無料ですので、是非一度使ってみてください。

まとめ

古い車を高く売るには、あなたの車を「欲しい!」と思っている複数の買取専門店から見積もりをもらうこと。

その中で一番高いお店に売却する。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-知って得する情報, 車検か買い替えか

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.