知って得する情報

車検どこで受けるか迷ったら、料金や内容の比較で検討すべし!

更新日:

車検の時期

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。

まとまった費用を用意しなくてはなりません。

車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安さ」だけで決めるのも問題がありますが、「高けりゃいい」わけでもありません。

では、車検はどこで受けるのが良いのでしょうか。

車検の【整備】と【検査】は分けて考える

一言で車検といっても、その内容は【継続検査】【定期点検整備】に分かれています。

【継続検査】は、車両が国の定めた基準(安全性、環境面など)に適合しているかどうかを確認するものです。次の車検までの安全性を確保、保証するものではありません。

【定期点検整備】は、予防的な整備で、車両の各部の損耗や劣化の状況などをチェックし、必要な予防的整備を行うことで車両の安全性を確保するものです。

車検料金の違いは、この定期点検整備を行う技術料どこまでの部品を交換するか、によって大きく変わってくるのです。

車検費用

車検業者の種類と特徴

車検業者にもいろいろ種類があります。まずは大きく2つに分かれます。「指定工場」「認証工場」です。

 自動車の「分解整備」を行おうとする場合は、地方運輸局長の「認証」を受けなければなりません(道路運送車両法第78条第1項)。

この「認証」を受けた工場を「認証工場」と言います。
また、認証工場のうち、設備、技術、管理組織等について一定の基準に適合している工場に対して、申請により、地方運輸局長が指定自動車整備事業の指定をしています。この「指定」を受けた工場を「指定工場」と言います(一般には「民間車検場」又は「民間車検工場」とも呼んでいます。道路運送車両法第94条の2第1項)。

出展:国土交通省ホームページ

簡単に言うと、「指定工場」は自社に車検ラインを持っていて、国から検査を行うことを指定されている工場です。

「認証工場」は、点検整備は指定工場と同様に行えますが、検査ラインを自社に持っていませんので、実際の検査は車両を陸運支局に直接持ち込んで検査を受ける必要があります。

これをもとに、車検事業者の特徴をまとめてみますと、

車検事業者 特徴
ディーラー
  • 人件費が高く交換部品も純正品のため車検費用は一番高い。
  • 土日も営業している。
  • 代車の心配は「ほぼ無い」。
  • 安心感は一番高い
指定整備工場
  • 自社工場に車検までできるラインを持っている
  • 技術力も高め
  • 土日が休みの場合も多く、整備費も高い場合もある。
  • 安心感もあるが、業者によってバラツキがある。
車検フランチャイズ
  • 店舗数が多く、もともとは修理工場だった会社も多い
  • 同じ名前のフランチャイズでも、店舗によって技術力にバラツキがある。
  • 料金は車検に特化していて低価格
ガソリンスタンド・カー用品店
  • 店舗数は多いが、指定工場でないケースも多い
  • 新車の初回の車検であれば価格も安くオススメ
  • 料金は安いが安心感は△
ユーザー車検代行業者
  • 車検を通すためだけの代行業者
  • 料金は最安であるが、整備は自分で行う必要がある

 

結局、車検 どこがいいの?

なかなか難しい問題ですね。ディーラーの車検は安心感は抜群ですが、勧められた部品をすべて交換していると、かなり高額な車検代になってしまいます。

また、「格安車検」をうたっているお店で、実際に車検をお願いしたら、「色々な部品を交換しないと車検に通らない」と、後出しで高額な部品代を請求された、という事例もあります。

車検は部品交換をどもまで行うか?によって料金は大きく変わってきます。

部品を交換すると安心ですが、必要のない部品交換は料金を高くするだけです。

ですので、車検の見積もりをいくつかとって比較することが重要です。

そうすれば、本当に交換が必要な部品は何か?もわかりますし、他で交換の見積がでていない部品は、「なぜ必要か?」を十分に確認しましょう。

バランス

「安心感」と「安さ」のバランスが大切

どこで車検を受けるか?をここまで書いてきましたが、やはり安心感と安さのバランスが大切です。

でも、初めての知らないお店ですと、一体どんな業者かわからないですよね。

当サイトではこちらのサービスをお勧めしています。

Goo Pit

その理由は、各業者に対するユーザーレビューや作業実績がのっているからです。

GooPit(グーピット)は「中古車探し」でおなじみのグーネットが提供する自動車整備工場検索サイトです。

サイトから無料で見積もり依頼できますので、良さそうな業者をピックアップして概算見積もりを取ってみましょう。

どうしても忙しくて、「車検にかけれる時間もあまり無い!」という方には、Goo車検がお勧めです。

自宅にいながら、車検の手配ができます。 引き取りから納車まで全て行ってくれます。

車検費用のすべてをカード決裁することも可能です。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-知って得する情報

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.