年数で考えてみた

13年経過すると自動車税・重量税が跳ね上がる!

更新日:

13年 車検

自動車は、新車の初回登録から13年を超えると「自動車税」と「自動車重量税」がアップします。

これは、平成26年税制改正の「自動車税のグリーン化特例」の措置の1つです。

環境に与える負荷が大きい車には税金を重く、環境負荷が小さい車には税金を軽く、というのが特徴です。

では、どれくらい税金が上がってしますのか、今回は「13年超の車の税金と車検」についてのお話です。

自動車税 13年超早見表

まずは「自動車税」。毎年4月1日時点での車の所有者に対してかかってくる税金です。

13年を超えると、何の前触れも無しに増税された「自動車税納税通知書」が届いてビックリ!します。

毎年ゴールデンウィーク明けに送られてくる、あの「憎いやつ」です。

いくら上がるかは、下記の通りです。

排気量 13年未満の車 13年超
1,000cc以下 29,500円 33,900円
1,000cc超1,500cc以下 34,500円 39,600円
1,500cc超2,000cc以下 39,500円 45,400円
2,000cc超2,500cc以下 45,000円 51,700円
2,500cc超3,000cc以下 51,000円 58,600円
3,000cc超3,500cc以下 58,000円 66,700円
3,500cc超4,000cc以下 66,500円 76,400円
4,000cc超4,500cc以下 76,500円 87,900円
4,500cc超6,000cc以下 88,000円 101,200円
6,000cc超 111,000円 127,600円

平成26年度から上記の割増しになっています。

自動車税は乗らずに車庫で保管していても課税される税金です。

車を所有し続ける限り毎年かかる税金ですので、増税はやはりキツイですよね。

重量税の13年超・18年超早見表

次に「自動車重量税」。こちらは、車検の時に車重に応じてかかってくる税金です。

13年でまず増税され、18年を超えるとさらに増税されます。

車両重量 2年(車検実施時)
エコカー減免適用 エコカー減免無し
エコカー
(本則税率)
エコカー以外
免税 13年未満 13年経過 18年経過
~500kg以下 0 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
~1,000kg以下 0 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
~1,500kg以下 0 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
~2,000kg以下 0 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
~2,500kg以下 0 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
~3,000kg以下 0 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

(スマホの方は横にスクロールします)

車両がエコカー減税の対象かそうでないかによって、金額は変わってきます。(詳しくは、国土交通省のホームページでご自身の車種を確認してください。)

重量税は車検時にかかってくるので、13年目ということは6回目の車検ということになります。

愛車もこの年齢(?)になると、色々と交換が必要な部品も多くなってきます。

タイミングベルトを使っている車であれば交換も必要になってくるでしょう。

何回目かのバッテリー交換、タイヤ交換もでてくるでしょう。

そうなれば、重量税の増額分も含め、「車検代が20万円越え!」ということも十分あり得ます。

このまま維持するか?買い替えるか?考え時かもしれません。

税金が上がる

車検に出す前に調べてみよう

車検は、やはり結構な出費ですよね。13年経って、6回目となればなおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

また、年式が古いからと言って、「もう査定金額はつかないだろう。」と決めつけるのは、かなり勿体ないです。

日本国内では売れない車でも、海外では日本車は人気ブランドで、年式が古くても高値で取引されています。

ディーラーでは下取り査定がつかない車でも、海外に輸出ルートを持っている業者であれば、積極的に買い取ってくれます。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

ただ、車の査定相場は毎日変動しているので、ネットや雑誌で調べても佐相進男情報は載っていません。あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

でも、こちらのサイトを使えば、簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-年数で考えてみた

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.