車検と税金の関係について

車検と自賠責保険|気になる自賠責保険料や期間について

投稿日:

自賠責保険

車検をディーラーや民間工場に依頼すると、同時に自賠責保険の手続きも行ってくれます。

車検と自賠責保険はセット」と考えれられています。

ですので、自賠責保険について、「あまり細かく考えたことはない」という方も多いと思います。

知っていても損はありませんので、お時間があれば最後まで読んでみてください。

今回は「車検と自賠責保険」についてのお話です。

そもそも自賠責保険とは?

公道を走るすべての車(バイク含む)は、自賠責保険の加入が義務付けられています。

自賠責保険は、自動車損害賠償補償法によって定められた、いわゆる「強制保険」です。

自賠責保険の保証範囲

自賠責保険は、自動車事故の被害者救済が目的であり、補償される範囲は「対人賠償事故のみ」を補償する保険です。

相手の車・バイク・自転車、財物(建物・所有物など)への対物や、運転手本人のケガや自動車(バイク)等の車両に対する補償はされません。

支払限度額は?

支払限度額(被害にあわれた方1名につき)

死亡による損害 最高3,000万円
後遺障害による損害 最高4,000万円
傷害による損害 最高120万円

自賠責保険、保険料っていくらなの?

2017年4月1日以降始期契約 本土用

※沖縄県、離島など一部地域については下記保険料例と異なります。

車種/保険期間 37か月契約 36か月契約 25か月契約 24か月契約 13か月契約 12か月契約
自家用乗用自動車 36,780 35,950 26,680 25,830 16,380 15,520
軽自動車 検査対象車 35,610 34,820 25,880 25,070 15,960 15,130
自家用普通貨物自動車 最大積載量が2トンを超えるもの - - 53,890 51,990 30,660 28,720
最大積載量が2トン以下のもの - - 44,100 42,580 25,520 23,970
自家用小型貨物自動車 - - 30,460 29,470 18,360 17,350

※2017年4月より自賠責保険の保険料が、9年ぶりに全車種値下げ改定されました。

自賠責保険の「保険期間」ってなぜ複数あるの?

上記の表のように、自賠責保険の保険期間は、色々あります。なぜこのように期間が複数設定されているのでしょうか?

自賠責保険の契約期間は、車検の有効期間と関係しています。

車検の有効期間は、新車購入時では3年、以降は2年ごとなっています。

では、36か月と24ヶ月だけでいいように思いますが、37か月と25か月は何のために必要なのでしょうか?

その理由は、「車検」と「自賠責保険」の有効期間満了のタイミングのズレにあります。

  • 自賠責保険:有効期間満了日の正午12時まで有効
  • 車検は有効期間満了日の夜24時まで有効

車検を受けるには、自賠責保険の加入が必須です。未加入では車検は受けれません。

36か月の自賠責保険の有効期間であれば、

新車を買って、車検有効期間の最終日の午後に車検を通す。

ということが出来なくなってしまうのです。

じゃあ、1日だけプラスでいいのでは?となりますが、自賠責保険の契約期間は月単位なので37か月となるのです。

25か月の契約期間は、車検切れの車を車検に通す場合に適用されます。

新車以外の車検の有効期間は2年ですので、先ほどの有効期間のズレの問題を回避するためです。

13ヶ月の契約は?ということですが、これは毎年車検が必要となる「1ナンバーや4ナンバーの自動車」が、車検を通す為に契約します。

車検の前

車検を通す前に調べておこう!

車検は、まとまったお金が必要となります。結構な出費ですよね。

年式が経って、車検の回数が増えてくると交換部品も多くなって、なおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていはません。

中古車の相場は、毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-車検と税金の関係について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.