体験談

愛車「ラウム」のカーディーラーでの車検

投稿日:

トヨタ ラウム

車検を受けた車はトヨタ「ラウム」の2006年式、走行距離は約10万キロでした。

車検を受けたのは、5回目でした。車検をお願いしたのは、自宅のすぐ近くにあるトヨタ系販売会社のディーラーです。

車検費用は、およそ16万円でした。

ただ、長年使っている車だったので、マフラーに穴が開いてしまっていました。

マフラーに穴があいていると、走行するには支障がないそうですが、走行時に大きな音がする場合があるということです。

また、マフラーに穴が開いていると、車検に通ることはないとも、教わりました。そのため、マフラーを交換する費用として車検代とは別に15万円が必要となりました。

長年使っている車なので、やはり車検や修理などで、維持費がかかってしまいます。

また、車検を受けたトヨタのディーラーでは、エアコンのフィルターも交換したほうがよいとのことでした。

このエアコンのフィルター交換は、車検に通るかどうかとは、直接関係がないということでした。ただ、車のプロに、交換が必要と指摘されると、どうしても不安になってしまいます。

たしかに、暑い夏場や寒い真冬にエアコンの効きが悪くなってしまうと、快適なカーライフは望めません。

そのため、車検代とは別に、エアコンのフィルター交換費用も3万円ほど必要となってしまいました。

また、車検の際には、車のバッテリーも、かなり劣化していることがわかりました。

かつて、外出先で、バッテリーがあがってしまったため、ロードサービスをお願いしたことがありました。そのため、こちらも車検の際に、新たなものと交換してもらうことにしました。

これまでの車検では、いつもトヨタのディーラーにお願いしています。

トヨタのディーラーではなくても、割安な料金で、車検をしてくれる整備工場などもたしかにありますが、ディーラーの車検は、サービスも丁寧であると感じられます。

何年か前に、まだ、車を購入したばかりのころ、ディーラーの車検で、細かい傷をなおしてもらったことがありました。

ディーラーの車検では、法定の車検の点検箇所以外にも、細やかなところまでサービスしてくれることもあります。

カーディーラー以外の、カーショップやガソリンスタンド、整備工場などでの車検となると、たしかに割安というメリットはありますが、法定の車検箇所を見るだけといったことも少なくないように思います。

ディーラーで車検を受ける際には、コーヒーなどのドリンクサービスも珍しくないことや、また新車の紹介などを受けることもあり、次に購入する車のことを考えたり、教えてもらうこともあります。

たしかに、ディーラーの車検は少し割高という印象はあるものの、車検以外のサービスも充実していると感じられます。

また、ディーラーで車のことを把握してくれることや、困ったときのためのアドバイスなども受けることができるので、ユーザーとしては安心感を持つことができるといえるのではないでしょうか。

自動車保険を見直すと、こんなに安くなる!等級も引き継げます

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-体験談

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.