車検費用について

車検費用の相場|どこで車検を受けるか?車検の値段と特徴で比較

投稿日:

車検の相場

車検はどこで受けるかによって、その費用は変わってきます。その差は車種や年式など車の状態によって異なりますが、数万円変わってくることもあります。

当然、車検代は安ければ良い、というわけではありません。

それぞれの業者の相場や特徴を比較して決める必要があります。今回は、車検の相場についてのお話です。

車検費用の内訳

車検の費用には大きく分けると、「法定費用」「車検基本料」に分かれます。

■法定費用:自賠責保険料、重量税、印紙代

■車検基本料:24ヶ月点検・整備費用、検査代、代行手数料、プラス交換部品代や工賃など

では、それぞれの費用についてみてゆきましょう。

法定費用

その名の通り「法で定められた費用」です。これはどこで車検を受けても値段は変わりません。

自動車重量税・自賠責保険料・印紙代の3つがあります。

自動車重量税

新車の登録時や車検の際に、自動車の重量によって課せられる税金です。

簡単にまとめると、自家用乗用自動車の自動車重量税(2年)

・車重が 500kg以下は8,200円
・ 〃  500kg~1t以下は16,400円
・ 〃  1t~1.5t以下は24,600円
・ 〃  1.5t~2t以下は32,800円
・ 〃  2t~2.5t以下は41,000円

軽自動車:一律6,600円

※エコカー減税適用車は、初回の車検時は減税がある。13年、18年を超える車両は上記よりも割増し。

詳しくは、車検と自動車重量税について【一覧表付き】

自賠責保険料

自賠責保険(正式名称は、自動車損害賠償責任保険)は、車を運行する場合に加入が義務付けられている「強制保険」です。

未加入の車を運転すると厳しい罰則があります。保証対象は対人事故の賠償損害のみとなっています。

自賠責保険料簡易版【自家用乗用車|普通車】
37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
36,780円 35,950円 26,680円 25,830円 16,380円 15,520円

 

自賠責保険料簡易版【検査対象軽自動車|軽自動車】
37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
35,610円 34,820円 25,880円 25,070円 15,960円 15,130円

※沖縄や離島は若干の違いがあります。

印紙・証紙代

印紙や証紙を購入することにより。車検の手数料を国に収めるのです。

  • 小型自動車:1,700円(印紙400円+証紙1,300円)
  • 小型自動車以外の自動車:1,800円(印紙400円+証紙1,400円)
  • 軽自動車は1,400円

となっています。

車検費用

車検基本料など

こちらは法定費用とは違って、それぞれの業者が決める値段ですので、費用には当然バラツキがあります。

ですので、比較検討することも重要です。

この費用には、24ヶ月点検や整備費用、検査代、代行手数料などが含まれます。これに交換部品代や工賃が加わってきます。

では、それぞれの車検費用の相場と特徴を見てゆきましょう。

ディーラー車検

正規ディーラーで受ける車検ですね。自動車メーカーの看板を背負っていますので、高い技術と専門性を持つプロであり、部品供給もしっかりしているので安心です。

最近の車は技術の進歩が著しく、専用のテスターが必要な場合もあります。当然ディーラーはそのような最新の設備を整えています。

また、代車の心配はほとんどなく納車も行ってくれます。

ただし、その分車検費用は割高になっています。

ディーラーの車検相場:法定費用 + 40,000円~100,000円

車検専門フランチャイズ車検

車検を専門に行っていますので、検査に関してはプロです。

車検費用も安価な設定をしています。費用を安く設定していますので、車検に必要な検査項目以外の点検や整備は、基本的には行いません。

色々なキャンペーン(早期予約やインターネット予約など)も実施していて、お得感もあります。

ただ、フランチャイズですので、店舗によって技術スタッフの経験やスキルにバラツキがあるケースもあります。

車検専門フランチャイズ車検相場:法定費用 + 20,000円~

民間整備工場

民間整備工場は、工場によって設備や技術にバラツキがあるのが特徴です。

ディーラーに引けを取らない技術力をもった整備士がいる工場もあれば、そうでない工場もあります。

地域密着で古くから営業している工場もありますので、ご近所に評判を聞いてみるのも得策です。

民間整備工場の車検相場:法定費用 + 30,000円~

カー用品店車検

最近はカー用品店も車検に力を入れていますよね。カー用品店は当然店頭で汎用部品を豊富に在庫しているので、多くの商品に中から選ぶことができます。

特にタイヤ交換などの場合は、他の業者で交換するよりは安くつきます。

店舗に車検の検査ラインは無いことが多いので、指定工場に検査を回すので少し日数がかかるカースもあります。

カー用品店の車検相場:法定費用 + 20,000円~

ガソリンスタンド車検

ガソリンスタンドも最近は車検に力を入れています。身近なスタンドで車検を受けることができるのは大変便利です。

車検の費用は安めの設定です。

ただ、代車が無い・整備に関してはユーザー車検代行なみ、というケースも見受けられます。

ガソリンスタンドの車検相場:法定費用 + 20,000円~

車検を受ける前に

車検を通す前に調べてみよう

車検は、やはり結構な出費ですよね。年式が経って、車検の回数が増えてくるとなおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていません。

相場は毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-車検費用について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.