年数で考えてみた

自動車税は18年超で増税?自動車重量税は1.5倍?

更新日:

18年超の車

車の税金制度は、何年かに一度変更されることがあります。

最近では、自動車が環境に与える影響を考慮して排ガス規制・燃費性能の良い車は、自動車税(軽自動車税)」「自動車取得税」「自動車重量税」が軽減されてます。

いわゆる「エコカー減税」ですね。

一方、新車登録から一定の年数(13年・18年)を経過した車は、環境への負荷が大きいとされ、自動車税と自動車重量税が重く(重課)になります。

こちらはあまり知られていませんが、一体どれくらいの負担になるのでしょうか?

今回は「18年超の車」にスポットを当ててみました。

18年超の車を高く売る方法:

【内部リンク】10年落ち・10万キロ以上の【古い車】を高く売る方法はコレ!

自動車税は18年超でどうなるの?

自動車税は、毎年4月1日の時点での車の所有者に対して課税される税金です。(軽自動車は「軽自動車税」)

自動車税が、どのタイミングで増税されるかというと、

・ガソリン車は、4月1日時点で13年を経過したもの

・ディーゼル車は、4月1日時点で11年を経過したもの

■増税額は約15%です。

2000ccクラスの乗用車(例:初代ステップワゴン)ですと、3万9500円が4万5400円となります。

毎年かかる税金なので、この金額アップはかなりキツイですよね。

では、18年を超えた場合はどうなるのでしょうか?

18年超の車の自動車税は、13年超の時点で増税されているので、そのまま

自動車税の早見表も添えておきます。

【自動車税早見表 エコカー減税適用前】

排気量 13年未満の車 13年超
軽自動車 7,200円 12,900円
1,000cc以下 29,500円 33,900円
1,000cc超1,500cc以下 34,500円 39,600円
1,500cc超2,000cc以下 39,500円 45,400円
2,000cc超2,500cc以下 45,000円 51,700円
2,500cc超3,000cc以下 51,000円 58,600円
3,000cc超3,500cc以下 58,000円 66,700円
3,500cc超4,000cc以下 66,500円 76,400円
4,000cc超4,500cc以下 76,500円 87,900円
4,500cc超6,000cc以下 88,000円 101,200円
6,000cc超 111,000円 127,600円

18年超で跳ね上がるのは「自動車重量税」

自動車重量税は車の重量に応じて課税される税金です。車検時に、次の車検の有効期間分の2年分の税金を納めます。

この自動車重量税が18年を超えた車には、さらに増税されます。

【自動車重量税早見表】

車両重量 2年(車検実施時)
エコカー減免適用 エコカー減免無し
エコカー
(本則税率)
エコカー以外
免税 13年未満 13年経過 18年経過
~500kg以下 0 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
~1,000kg以下 0 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
~1,500kg以下 0 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
~2,000kg以下 0 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
~2,500kg以下 0 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
~3,000kg以下 0 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

先程の初代ステップワゴンですと2万4600円が3万7800円になります。

13年未満と比べると約1.5倍の増税です!

18年も乗り続けてくれるな、ということなのでしょうか。

長く車を乗るオーナーは、車のメンテナンスもしっかりして、決して環境に負担をかけているとは思えないのですが。

それよりも、車をスクラップにするときに出るCO2量の方が、よっぽど環境に良くないと個人的には思っています。

それに、上記の増税は事前の案内や説明もなく、いきなり通知されます。

18年超の車の自動車重量税は、約1.5倍になる!

18年を超えると、車検の際にもいろいろな部品交換が必要になるうえに、自動車重量税が跳ね上がってしまうのです。

迷う

乗り続けるか、買い替えるか?

これだけ税金が上がると、毎年の車の維持費も負担になってきます。

車検代も交換部品もいろいろと増えてくるので、かなりの金額になってきます。

そろそろ「買い替えようかな」と考えますよね。

でも、買い替えで気になるのは、「今の愛車に値段が付くかどうか」ということではないでしょうか。

18年超の車に査定はつくの?

正直、ディーラーに行って「下取りでお願いします」というと、ほとんどの場合は査定金額はつきません。

「もう廃車ですね。当店で車を買っていただけるなら、廃車費用はサービスいたします!」

といった感じになるでしょう。

もしくは、査定0円はお客さんの印象を害するので、2万円程の下取り金額はつくが、下取り査定料・下取り手数料といった費用が引かれて実質0円、となるケースも多々あります。

ディーラーは新車の販売が本業ですので、年式の古い車の下取りは積極的ではない、のです。

できればやりたくない、「付帯業務」なのです。

車買取専門店は、古い車でも買い取ってくれる

一方、車買取専門店というものがあります。最近ではTVやラジオでよくCMを流しています。

車買取専門店は、その名の通り車を買い取ることが本業です。

車の買取はまさに「仕入れ」であり、仕入れができないと商売になりません。

この専門店は各社、独自の色々な特徴を持っています。

例えば、4駆専門・軽自動車専門・1BOX専門・ハイエース専門・ドレスアップカー専門などです。

自社が得意としている車種で「欲しい!」と思った車には、他店と競ってでも高額査定をつけてきます。

また、海外に輸出ルートを持っている会社は、年式の古い車でも積極的に買い取ります。

海外では日本車は信頼で来るブランドでとても人気があります。

年式が古くても走行距離が多くても、まだまだ売れるのです。

一度、愛車の査定相場を調べてみてはいかがでしょうか。

でも車の査定相場は毎日変動しているので、インターネットや雑誌で調べても最新の相場は載ってはいません。あるのは古いデータだけです。

では、どうすれば調べることができるのでしょうか?

こちらのサイトを使えば知ることができます。

かんたん車査定ガイド

簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場を教えてくれます。同時に最大10社に一括で見積もりを依頼できます。

あなたの車を「欲しい!」と思うお店を探すこともできますよ。

「18年超だからもう査定はつかないだろう」と、決めつけるのは勿体ないです。

車検を通すか買い替えるか

これは愛車の査定額を見て判断すべきです。

自動車保険を見直すと、こんなに安くなる!等級も引き継げます

車買い替えポータル

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-年数で考えてみた

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.