交換部品について

車検とワイパーの関係について|車検に通らないワイパーって?

投稿日:

雨の日のワイパー

雨の日のドライブには、ワイパーは必須のパーツです。

ワイパーが正常に作動していないと、視界が悪くなって安全な運転ができません。

そのため、当然ワイパーは車検でも検査の対象となっています。

では、どんなワイパーが車検に通らないのか?リアワイパーは必要なのか?

今回は車検とワイパーについてのお話です。

ワイパーとは

ワイパーは、全ての車のフロントガラスに装着されています。正式には「窓ふき器」といいます。

フロントガラス以外では、リアガラス、車種によってはヘッドランプに取り付けられることもあります。

雨やや雪、前の車がはね上げた泥水などがガラスに付着した際に、外の視界が遮られないよう取り除くために作動させます。

ワイパーは、

・取りつけられているワイパーゴム

・ウオッシャー液

と一体と考えられています。

ワイパーに取り付けられているゴムは、ガラスとの摩擦や付着物の除去の際に摩耗してしまうことや、経年劣化が起こることから定期的に交換が必要です。

車検でのワイパーの基準とは

ワイパーは直接ガラス面に触れるゴムの部分(ワイパーゴム)と、それを支持しているアームで成っています。

車検の基準は、「視野を確保できるようふき取りができるかどうか」ということです。

・ワイパーが正常に動くか。
・ゴムはついているか。切れてたりしていないか。
・ふき取りが十分できているか。

と言うところが確認されます。

ワイパーとしての機能を果たせていれば、多少錆びていたり、塗装がはげていても不合格にはならないでしょう。

ウォッシャー液も点検される

ウォッシャー液は、ガラスについた汚れを落ちやすくするためにあります。

前の車がはね上げた泥水がついたら、ウォッシャー液を出してワイパーをかけないと視界が悪くなってしまいます。

検査の基準は、「きちんと出るかどうか」という事です。

・ウォッシャー液が出ない

・極端に噴射が弱い

など正常に機能しない場合は車検でNGになる可能性があります。

そのような場合はワックスなどのノズルの詰まりが疑われます。針などで掃除してやれば、すぐに元通りになるケースがほとんどです。

リアワイパー

リアワイパーはどうなの?

最近はほとんどの車種に、リアにもワイパーがついていますよね。

このリアワイパーは、車検では検査されるのでしょうか?

フロントガラスのワイパーは、お伝えしたように保安基準で装備が定められています。

しかし、リアワイパーは初めから装着していない車種も存在するので、明確には定義されていません。

車検では、リアワイパーの機能に関する検査はない、という事になります。

リアワイパーは取り外しても大丈夫?

車検に関係ないのであれば、取り外しても大丈夫なの?という疑問もわきますよね。

リアビューをスッキリ見せたい、という理由からでしょうか、取り外してキャップを付けている車も時々見かけます。

この場合は、車検に関しては「グレーゾーン」と言えます。

リアワイパーを取り外した際、ボディにはワイパーを動かす軸となるネジが残ります。

このネジが「突起物」としてグレー判定を受ける場合があるのです。

ネジは先端が細いため、万が一歩行者が接触した際に怪我をする恐れがあるからです。

また、スイッチがあるのに動作するワイパーが無い、というところも問題となります。

このあたりは、検査員の判断にゆだねられるので、注意が必要です。

車検を通す前に調べてみよう

車検は、やはり結構な出費ですよね。年式が経って、車検の回数が増えてくるとなおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていません。

相場は毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

まとめ

フロントワイパーは車検の検査項目である。

それ以上に日々の安全のため、まめにゴムは交換し、ウォッシャー液も補充する。

リアワイパーは車検の検査項目にはないが、取り外すことは避けた方がよい。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-交換部品について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.