交換部品について

車検とタイヤ交換|車検に通らないタイヤって?交換費用はいくら?

投稿日:

タイヤ交換

車検では、色々なところをチェックされますが、タイヤは車の運行において、とても重要な部分ですので当然検査の対象です。

ツルツルのタイヤで車検に臨むと「×」となります。

普段の運転の際に、タイヤの溝も時々チェックされているとは思いますが、車検の前には改めて確認しておきましょう。

実際、タイヤの交換を行う場合、車検と同時の方がお得なのでしょうか?それとも車検とは別に交換すべきでしょうか?

今回は、「車検とタイヤ交換」についてのお話です。

タイヤ交換の目安とは

いきなりですが、「タイヤは消耗品」です。そんなの知っているよ!と言われる方も多いでしょう。

実はタイヤは「使っても・使っていなくても」劣化してゆきます。

そして運転の仕方や車両の保管場所によっても、タイヤの状態は大きく変わってきます。

タイヤと走行距離の関係

新品のタイヤの溝は、サイズやメーカー・用途によっても異なりますが、約8mm位です。(サマータイヤの場合)

タイヤの溝は5000km走ると1mm減ると言われています。

ということは、4万キロ走ると「ツルツル」となってしまうことになります。

普通の運転であればもう少し「減り」は少ないと思いますが、ツルツルまで交換しないのはNGです。

運行上の危険が大きいですし、溝のないタイヤで走行していると「整備不良」で違反となり罰則、罰金があります。

タイヤの交換時期って?

タイヤの溝は1.6mmは必要と「道路運送車両法」で定められています。

そのため、各タイヤメーカーではタイヤの溝が1.6mmに近くなると、あるサインを出すようにしています。

これが、「スリップサイン」と呼ばれるものです。

通常、タイヤにはこのような△印が4~9か所ついています。

タイヤ交換の目印

このマークのある延長上の溝がすり減って溝が無くなってしまうと、現れるのが「スリップサイン」です。

スリップサイン

こうなると、タイヤの溝も1.6mm近くまで減ってきていますので、タイヤの交換時期である、と言えます。

走行距離で考えると、タイヤの溝は5000kmで1mm減りますので、3万2千キロ走ると新品の8mmの溝が1.6mmになります。

ですので、3万キロを越えたらタイヤの交換を考えましょう。

また、タイヤの交換時期は走行距離だけではありません。全く使っていなくてもタイヤはゴム製品で劣化してゆきます。

輪ゴムも長い間経つと、弾力がなくなってすぐに切れtれしまいますよね。

輪ゴムとは当然成分も違いますが、タイヤも使わなくても劣化してゆきます。

炎天下、雨ざらしの状態であるとなおさらです。タイヤの劣化はヒビ割れや亀裂として現れます。

タイヤの溝がまだまだあっても、ひび割れや亀裂が出てきたらタイヤは交換しましょう。

車検に通らない

車検に通らないタイヤとは

では、スリップサインが出ていたりひび割れや亀裂の入ったタイヤでは、車検は通らないのでしょうか?

車検でのタイヤの状態は検査員の「目視」で行われます。

スリップサインが出ているかどうか、ではなく溝が1.6mmあるかどうか、を判断します。

タイヤの溝すべてを測ることもできませんので、スリップサインが出ていても通ってしまうという、結構アバウトな判断となります。

また、少々の「ひび割れ」であれば車検は通ります。

明らかに「すぐにバーストしそう」「全く溝のないツルッツルのタイヤ」などは、その場でNGとなります。

他に車検に通らないタイヤとしては、

  • 車外に大きくはみ出しているタイヤ
  • タイヤサイズが明らかに大きいタイヤ

があります。このような場合は、タイヤを交換して車検を受ける必要があります。

(このようなタイヤで公道で警察に止められた場合、整備不良で罰則を受けることとなります)

ちなみに、「スタッドレスタイヤで車検をうけても大丈夫?」とのご質問もいただきますが、「大丈夫」です。

ただし、スタッドレスタイヤはその名の通り「冬用・雪道用」のタイヤです。

雪のない道路での制動力、グリップ力、排水性能はサマータイヤにかなり劣ります。

ですので、スタッドレスタイヤは降雪シーズンが終われば、サマータイヤに交換しておきましょう。

車検でのタイヤ交換の金額ってどれくらい?

タイヤの交換費用については、工賃・タイヤ廃棄料で2500円~/1本あたりが相場です。

工賃についてはディーラーはやはり高めで、カー用品店やタイヤ専門店などが安いです。

また、最近ではネット通販でタイヤを安く買う方も多く、「持ち込みタイヤ交換歓迎」という整備工場も増えてきています。

タイヤ交換にかかる費用は、上記の工賃よりもタイヤ本体の値段が大きく左右します。

国産タイヤであれば、1本1万円位はかかります。タイヤサイズが大きくなるとなおさらです。

4本で10万円以上かかるケースもあります。

車検でタイヤ交換をすると無料なの?

車検の整備では、タイヤを外してブレーキ周りなどの点検整備を行います。

「じゃあ、タイヤ交換も同時にすれば、工賃は無料になるの?」という疑問もわいてきます。

確かに車検の点検整備でタイヤは外しますが、タイヤ交換をするには「タイヤチェンジャー」という工具が必要で、ホイールからタイヤを外して付け替える作業が発生します。

もし、「タイヤ交換無料」となっている場合でも、その工賃はタイヤ本体か車検の整備代に含まれているはずです。

ですので、「タイヤ交換は交換時期だと思った時に交換する」ようにしてください。

車検時まで引き延ばしても、交換時期を過ぎたタイヤであれば危険ですし、車検だからタイヤ交換が安くなることは、そうそうありません。

最近はネットで安くタイヤを購入する方が増えています。国産タイヤはどうしても割高ですが、アジアンタイヤは安くて性能も評価も上々です。

ここでは、タイヤ取り付け店まで直送してくれますので、保管や持ち込みの手間も省けます。

オートウェイ

ユーザーレビューが、とても参考になります。

 

車検を通す前に調べておこう!

車検前

車検は、まとまったお金が必要となります。法定費用だけでも普通車であれば5万円はかかってきます。

年式が経って、車検の回数が増えてくると交換部品も多くなって、なおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていはません。

中古車の相場は、毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-交換部品について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.