車検の準備

車検にスペアタイヤは必要なの?無しでも車検に通るの?

投稿日:

スペアタイヤ交換

走行中にタイヤがパンクしてしまったら、スペアタイヤに付け替えて、修理してくれるところまで行くことになります。

昔の車は、ほとんどの車がこのスペアタイヤを搭載していました。

でも、最近の車はスペアタイヤはオプションとなっています。

いつからこのような事になったのでしょうか?車検にはスペアタイヤは必要ないのでしょうか?

今回は「スペアタイヤ」についてのお話です。

スペアタイヤは厳密にいうと2種類ある

「スペアタイヤ」と呼ばれるタイヤにも種類があります。

テンパータイヤ

一般的にみなさんが思っているスペアタイヤって、細くて小さい(黄色いホイール、もしくは一本ラインが入っている)タイヤではないでしょうか。

このタイヤは正式には、「テンパータイヤ」と呼びます。普通乗用車や軽自動車に搭載されているのは、このテンパータイヤをさします。

トランク内の省スペース化や車重の軽量化のため、ノーマルタイヤよりも小さくて細いのが特徴です。

このテンパータイヤは、あくまでも「応急用」です。

テンパータイヤで走行できる速度は、おおよそMAXで80km/h、連続走行距離は、おおよそ100kmといった制限があります。

でも、パンクによってテンパータイヤに交換した場合は、できるだけ早く元のタイヤに交換しましょう。

ちなみに、このテンパータイヤを装着した状態では車検には通りません

規格の違うサイズのタイヤをはいていますので、テストには通らないのです。

スペアタイヤ

「スペアタイヤ」は、その車に標準装備されているタイヤと同じサイズのタイヤの事です。

RV車の後ろについていたり、トラックが積んでいるタイヤですね。

標準装備されているのと同じタイヤですので、当然普通に走行できます。

スペアタイヤ無しでも車検に合格するの?

結論から申し上げると、「スペアタイヤが無くても車検は通ります。」

検査項目に、スペアタイヤの有無のチェックはありません。

以前はスペアタイヤの搭載義務がありましたが、現在ではその義務はありません。

なぜスペアタイヤの搭載義務はなくなったの?

スペアタイヤの搭載義務が無くなった理由はいくつかあります。

  • 車重を軽くして燃費性能を上げるため。
  • 一度も使用されずに廃棄されることが多い
  • 車内スペースの効率化
  • タイヤ交換できない人が多い
  • JAFや任意保険に付加されているロードサービスの普及

などです。

パンク修理キットは必要?

スペアタイヤの搭載が義務でないなら、パンク修理キットはどうなのでしょうか?

パンク修理キットも、無くても車検には通ります。

最近の新車には、このパンク修理キットが標準装備されてる車種も多くなっています。

ジャッキアップしたり、タイヤを外す必要もなく、車内にコンパクトに収納できます。

ただ、このパンク修理キットはタイヤのトレッド面(路面に接する面)に穴が開いた場合には使えますが、側面に穴が開いてしまったパンクには使えません。

こちらも、ガソリンスタンドや修理工場に行くための「応急処置」ですので、そのまま乗り続けることはやめましょう。

また、パンク修理材を使用したタイヤは、基本的に「使用不可」になります。

お店で行うパンク修理とは全く異なります。一度修理材を使うと、もうそのタイヤは使えません。

新しいタイヤを購入する必要があります。

車検を受ける前に

車検を通す前に調べておこう!

車検は、まとまったお金が必要となります。結構な出費ですよね。

年式が経って、車検の回数が増えてくると交換部品も多くなって、なおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていはません。

中古車の相場は、毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-車検の準備

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.