車検費用について

車検の法定費用とは?クレジットカードで払えるの?

投稿日:

車検法定費用

車検の見積もりを取ると必ず出てくる「法定費用」

車検費用の中で、「法定費用」は大きな割合を占めています。

この法定費用とはいったいどのような費用なのでしょうか?また、クレジットカードでの支払いは可能なおでしょうか?

今回は車検の「法定費用」についてのお話です。

車検の法定費用とは?

【法定費用一覧】

自動車重量税・自賠責保険料・検査、登録手数料(印紙代)

法定費用とは上記の3つをあわせた費用です。

その名の通り、法で定められた費用ですので、ディーラーであろうがカー用品店、ガソリンスタンドであろうが、どこで車検を受けてもその金額は変わりません。

ですので、当然値切ることもできません。

それぞれの法定費用について、みてゆきたいと思います。

自動車重量税

車両の重量によって、課税金額が決まる税金です。

新車の購入時と、車検の際に支払います。

【車検時(継続審査時)の普通車自動車重量税の税額一覧】

車両重量 2年自家用(継続検査等時)
◆エコカー減税適用 ◆エコカー減税適用なし
免税 50%減 エコカー 右以外 13年経過 18年経過
0.5t以下 0円 2,500円 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
~1t 0円 5,000円 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
~1.5t 0円 7,500円 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
~2t 0円 10,000円 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
~2.5t 0円 12,500円 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
~3t 0円 15,000円 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

【車検時(継続審査時)の自動車重量税の税額一覧】

◆エコカー減税適用 ◆エコカー減税適用なし
免税 50%減 エコカー 右以外 13年経過 18年経過
2年自家用 0円 2,500円 5,000円 6,600円 8,200円 8,800円

エコカーにつては優遇措置があります。

平成30年4月30日までに新車登録を行った車両は、燃費基準の達成度合により重量税が免税・減税されます。

新車購入時に免税を受けた車両については、初回車検時も免税となります。(残念ですが、初回一回限りです。)

自賠責保険

正式には「自動車損害賠償責任保険」と言います。長いので「自賠責保険」と呼ばれるのが一般的です。

自賠責保険は、車を運行するうえで加入が義務付けられている「強制保険」です。

入らないと車検を受けれませんし、公道も走ることはできません。

違反すれば重い罰則があります。

自賠責保険の対象は、「対人賠償」のみです。

自賠責保険料簡易版【自家用乗用車|普通車】
37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
36,780円 35,950円 26,680円 25,830円 16,380円 15,520円
自賠責保険料簡易版【検査対象軽自動車|軽自動車】
37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
35,610円 34,820円 25,880円 25,070円 15,960円 15,130円

※沖縄や離島は若干の違いがあります。

検査、登録手数料(印紙代)

  • 小型自動車:1,700円(印紙400円+証紙1,300円)
  • 小型自動車以外の自動車:1,800円(印紙400円+証紙1,400円)
  • 軽自動車は1,400円

法定費用はクレジットカードで払えるの?

 

当たり前な答えになってしまいますが、使えるところもあれば、使えないところもあります。

大まかに分けると、

  1. 車検費用全てクレジットカード払いOK
  2. 法定費用は現金のみ、その他の費用はカードOK
  3. 車検費用全てクラジットカード払いNG、現金のみ

といった感じになります。

クレジットカードの仕組みは、車検業者がカード会社に売り上げ合計の数%を手数料として支払います。

法定費用には、当然車検業者も利益を乗せれませんので、2.の「法定費用は現金で」という業者が多いのです。

でも最近は、「全てクレジットカードOK」、というお店も増えてきました。

お近くのクレジットカード払いができる業者を探すには、このサイトが便利です。

楽天車検

郵便番号を入力して、「さらに絞り込む」のメニューの「クレジットカードOK」にチェックを入れれば、ズラリとお店が出てきます。

是非一度、チェックしてみてください。

車検を受ける前に

車検を通す前に調べておこう!

車検は、まとまったお金が必要となります。結構な出費ですよね。

年式が経って、車検の回数が増えてくると交換部品も多くなって、なおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていはません。

中古車の相場は、毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-車検費用について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.