交換部品について

車検とブレーキパッドの関係|「交換が必要です」と言われたら

投稿日:

ブレーキパッド

車検の見積もりを取ると、「ブレーキパッドの交換」という項目が入っていることがあります。

部品代や工賃も、結構かかりそうです。

このブレーキパッドは交換しないと車検に通らないのでしょうか。交換する基準はあるのでしょうか。

今回は、「車検とブレーキパッド」についてのお話です。

そもそも「ブレーキパッド」とは

ブレーキパッドは、自動車の減速時に重要な役割を担っている部品です。

ブレーキペダルを踏むと、ブレーキパッドをブレーキディスクに押しつけることで摩擦力が発生し、自動車を減速・停止させることができます。

摩擦によってブレーキパッドは少しずつ削られ、摩耗していきます。

従って、自動車を安全に走行させるためには、ブレーキパッドの厚みが一定以上残っている必要があります。

ブレーキパッドの交換時期って?

新品のブレーキパッドは厚みが10mm前後あります。(車種によって異なります)

安全性を考えると、ブレーキパッドは2mm位になったら交換すべきです。

でも、普段なかなか厚みを確認する機会なんてありませんよね。

交換時期を知る方法としては、ホイールを外してブレーキキャリパーの点検用の窓から確認する方法があります。

これまた難しそうですね。

現在の国産車は、ほとんどの車種で「パッドウェアインジケーター」と呼ばれるパーツがついています。

これは、ブレーキパッドの残量が一定量よりも少なくなると、パッドウェアインジケーターが直接ブレーキディスクと接することでブレーキを踏むと「キーキー」と音がなるようになっています。これで交換時期であることを知らせてくれます。

また、ブレーキ警告灯も点灯するようになっています。このような症状が出たならば、すぐにディーラーや整備工場で点検・交換の必要があります。

ブレーキパッドが減っていれば車検に通らないの?

では、ブレーキパッドがどれくらい残っていれば車検に通るのでしょうか?

以外に思われるかもしれませんが、車検(検査)では、ブレーキパッドの残量について明確な規定はありません。

車検時は必要な制動力さえ得られていれば、残量とは関係なく合格します。

なぜ?

じゃあ、なぜ交換が必要って言うの?

では、なぜ車検時に「交換が必要です。」と言われるのでしょうか?

それは、安全のために交換しましょう、ということです。車検(検査)とは別の、点検・整備の上での申し出です。

普段、ブレーキパッドの残量を確認する方も少ないと思います。ですので、車検時に言われると「必要なのかな」と思うのです。

プロの言うことですので、受け入れて交換すべきだと思いますが、中には「まだ必要のない交換を進める業者」もいます。

疑問を抱いたら、「ブレーキパッドは何ミリ位残っていますか?」と確認してみましょう。

ここまで、ブレーキパッドの重要性はお分かりいただけたと思います

ブレーキパッドが極端にすり減った状態では、運転手は勿論ですが、周りにも危険な状態です。

なた、交換時期を過ぎてもそのままにして乗り続けると、ローターに傷がついてしまいます。

そうなると、節約どころが余計な出費になってしまいます。

ブレーキパッドの交換費用は?

相場としては、前後4本合わせて約5万円ほどです。

工賃も入れた価格になりますが、お店や車種によっても当然異なります。

車検前

車検を通す前に調べてみよう

車検は、やはり結構な出費ですよね。年式が経って、車検の回数が増えてくるとなおさらです。

今回のブレーキパッドの交換や、タイヤ、バッテリー、その他にも交換が必要な部品も増えてきます。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場は毎日変動しているので、ネットや雑誌で調べても「最新の相場」載っていません。あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

こちらのサイトを使えば、簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてください。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-交換部品について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.