交換部品について

車検でブレーキフルード(ブレーキオイル)は交換すべき?費用は?

投稿日:

車検の見積もりを取ると、「ブレーキフルード(ブレーキオイル)の交換」、という項目が入っていることがよくあります。

あまり聞きなれない、ブレーキフルード(ブレーキオイル)とは、いったいどんな物なのでしょうか。

交換しないと車検に通らないのでしょうか?交換費用はいくら位かかるのでしょうか?

今回は、車検とブレーキフルード(ブレーキオイル)のお話です。

ブレーキフルード(ブレーキオイル)とは?

前置きになりますが、「ブレーキオイル」という呼び方は俗称で、正しくは「ブレーキフルード」です。

エンジンオイルのような、石油から生成された潤滑油ではありません。見た目がオイルに似ているので、ブレーキオイルと呼ばれることになりましたが、全くの「別物」です。

ブレーキフルードの成分

ブレーキフルードの成分は、アルコールを主成分としたグリコール系の化学品です。

本質の許可には厳しい規格があって、DOT規格に適合しないと製品として販売できません。

DOT規格は、アメリカの交通省(Department of Transportation)の略です。

主に沸点の違いで規格分けされています。

基 準 主成分 ドライ沸点 ウェット沸点 粘度(100℃) 粘度(-40℃) ph値
DOT 3 グリコール 205℃以上 140℃以上 1.5cst以上 1500cst以下 7.0-11.5
DOT 4 グリコール 230℃以上 155℃以上 1.5cst以上 1800cst以下 7.0-11.5
DOT 5.1 グリコール 260℃以上 180℃以上 1.5cst以上 900cst以下 7.0-11.5
DOT 5 シリコン 260℃以上 180℃以上 1.5cst以上 900cst以下 7.0-11.5

DOTの数字が大きいほど、沸点が高くなります。サーキットなどでスポーツ走行をする車は、DOT5などを使っています。

一般的な乗用車にはDOT3、DOT4が使用されています。

ブレーキフルードの役割

車のブレーキは、液圧式(油圧式)ブレーキが採用されています。

ドライバーがブレーキペダルを踏むと、ブレーキシステムへ油圧として伝え、ブレーキを働かせます。

この仕組みの中で、油圧を生じさせながらスムーズに力の伝達を行う液体がブレーキフルードなのです。

ブレーキペダル

ブレーキ フルードの交換時期は?

ブレーキオイルは、ブレーキを正常に作動させる上で欠かすことが出来ないものですが、交換の目安はどれくらいとされているのでしょうか?

普通乗用車でシビアコンディションでなければ、2年~3年、もしくは2万kmごとの交換を推奨しています。

ブレーキフルードの劣化判断は、ユーザーではつけにくいため、車検ごとの交換でいいと思います。

ディーラーの車検見積もりでは、「基本セット」に入っていることが多いです。

劣化したらどうなるの

ブレーキフルードは、劣化すると「沸点」が低くなってしまいます。そうなると、正常なブレーキシステムを維持できなくなり、ペイパーロック現象を起こしやすくなり、非常に危険です。

また、劣化したブレーキオイルは、吸湿が進んでしまい、ブレーキシステム内に錆を生じさせたり、ブレーキホースを劣化させる原因にもなります。

自分で交換できるの?

ブレーキフルードの交換は、車輌をジャッキアップしてすべてのタイヤを外す必要があります。

エア抜き作業は必須で、微調整や確認作業も必要です。ABSがついている車は特に注意が必要です。

また、塗装面にブレーキフルードが触れると、塗装に大きなダメージを与えてしまします。

安全に関わる作業ですし、手間やリスクを考えると整備工場やディーラーなどに依頼することをお勧めします。

車検の点検整備ではジャッキアップしてタイヤも外しますので、工賃も安く済むはずです。

車検時のブレーキ フルード 交換費用はどれくらい?

カー用品店での交換費用の目安:4000円~

ディーラーでの交換費用の目安:6000円~

(消耗品など部品代+交換工賃)

車検時ではなく、オイルフルードだけの交換なら、費用はもう少し高くなると思います。

車検

車検を通す前に調べておこう!

車検は、まとまったお金が必要となります。結構な出費ですよね。

年式が経って、車検の回数が増えてくると交換部品も多くなって、なおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていはません。

中古車の相場は、毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-交換部品について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.