交換部品について

車検はバッテリーの交換時期?バッテリー交換費用はどれくらい?

投稿日:

バッテリー交換?

車検の見積もりをもらうと、「バッテリー交換費用」という名目をよく見かけます。

バッテリーはエンジンの始動をはじめ、ライトやカーナビなどの電装品への電力供給に必要な部品です。

このバッテリーが劣化していると、車検には通らないのでしょうか。バッテリーを交換すると費用はいくらくらいかかるのでしょうか。

今回は車検とバッテリーの関係についてのお話です。

バッテリーは車検でチェックされない!

突然答えを先に言ってしましますが、

「車検の検査項目自体に、バッテリーの電圧の検査項目はありません。」

蓄電池は、自動車の振動、衝撃等により移動し、又は損傷することがないようになっていること。この場合において、車室内等の蓄電池は、木箱その他適当な絶縁物等によりおおわれていること。

要は、きっちり固定されていれば良いのです。市販のバッテリーは絶縁物に覆われています。

ですので、「バッテリーを交換しないと車検に通らない」ということは、まずありません。

バッテリーがアウトですと、エンジンをかけて車検場に行くこともできませんよね。

バッテリー

バッテリーの役割

バッテリーは、自動車に搭載されている、充電可能な電池のことです。エンジンを始動するときに最大の電力を供給します。

バッテリーは、通常エンジンがかかているときは発電機から充電を行います。

一方、エンジンがかかっていないときや、エンジン稼働時でも、発電機の供給量よりも多くの電力が必要な時に、電力を供給します。

エンジンがかかっていないときは、すべての電力はバッテリーかから供給されます。

スモールライトをつけたまま長時間駐車していると、バッテリーが上がってしまうのは、このような理由からです。

 バッテリーの寿命

自動車のバッテリーの寿命は、大体2年~4年と言われています。

ただし、どのように車を使っているかによってもバッテリーの寿命は変わってきます。

例えば、

  • たまにしか車を使わない(充電不足)
  • 使っても近所の買い物くらい(充電不足)
  • 一日に何度もセルモーターを回す(放電過多)

等の場合はバッテリーの寿命は短くなってしまいます。

バッテリーの寿命ってわかるの?

バッテリーの寿命は、以下のような症状が出てきたら要注意です。

  • エンジン始動時の、セルモーターの音が鈍くなった
  • ヘッドライトが暗くなった
  • パワーウィンドウの動きが遅くなった

このような症状が無くても、バッテリーは、予兆もなく突然寿命を迎えることがあります。

バッテリー交換から3年以上経過したら、カー用品店やガソリンスタンドで電圧を測ってもらうと良いでしょう。

ただし、バッテリーは寒い日(気温10度以下)だと、化学反応が弱くなりますのでチェックする際は、しばらく走行して温めてから測るようにしてください。

バッテリー交換費用っていくら?

どのバッテリーを選ぶか、どこで交換するかで費用は変わってきます。

また、最近はアイドリングストップ機能が付いた車も多く、その場合は大容量のバッテリーが使われています。

ディーラーですと、バッテリーもほぼ定価ですのでカー用品店よりも高くなります。

バッテリー交換は、大体1万円~3万円が相場だと思います。

格安バッテリーを買ってきて自分で交換する場合は、もっと安くあげることも可能です。

ただし、バッテリーの廃棄やバックアップ電源の確保を行う必要があります。

バッテリーはいつ交換すべき?

このような理由から、車検だからといってバッテリーを交換する必要はありません

バッテリーは2年から3年で交換しましょう、という風潮があるので、2年に一度の車検のたびに見積もりにバッテリー交換は大体入ってきます。

なかなか普段から、バッテリーの電圧チェックをする人も少ないので、車検のタイミングで交換を勧めてくるのです。

ディーラーは、新車で買って初回の車検でも平気で見積もりに入れてきます。

バッテリー交換には特殊な技術や工具が必要なわけではありませんので、特にディーラーで行うこともないと思います。

ディーラーでバッテリーを交換すると、カー用品店で交換するよりもどうしても割高になってしまいます。

車検は、まとまった金額が必要な物ですので、車検時とずらしてバッテリーを交換することをお勧めします。

実際のバッテリー交換は、本格的な夏前と冬前がおすすめです。

バッテリーの性能は気温によって大きく変わります。気温が20度とマイナス20度では、性能が半分ぐらいになると言われています。

真冬の寒い朝にエンジンがかからない!ということが多い理由です。

また、真夏はエアコンをフル稼働させます。バッテリーにも当然負担がかかります。

ですので、「そろそろバッテリー交換時期かな?」と思ったら、このタイミングで交換することをお勧めします。

車検を通す前に調べておこう!

車検は、まとまったお金が必要となります。結構な出費ですよね。

年式が経って、車検の回数が増えてくると交換部品も多くなって、なおさらです。

車検は「車の買い替えのタイミング」として一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えとけばよかった!」となるかもしれません。

車検間近でも、思っているよりも高い査定が付くことも結構あります。

ですので、車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場はネットや雑誌で調べても「最新の相場」は載っていはません。

中古車の相場は、毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動して、毎日変動しているからです。

あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

では、どうすれば調べることができるのか?

こちらのサイトを使えば簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

「車検に出すかどうか?」の判断基準にもなりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-交換部品について

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.