車検か買い替えか

車検費用の見積もりが30万円!買い替えか?車検に通すか?

更新日:

車検代が30万円

車検の見積もりをもらって、その費用が30万円を超えていたら、ビックリ!しますよね。

30万円払って車検を通すくらいなら、「買い替えようかな?」という考えも当然出てきます。

今回は、「車検代が30万円越え!買い替えか車検か」についてのお話です。

車検費用が30万円を超えるケースとは

金額の高い部品交換が必要

・タイヤ交換:5万円~10万円(SUVなどタイヤサイズが大きい場合はもっと高額に)

・タイミングベルト:3万円~5万円

・ウォーターポンプ・ファンベルト:5万円~

・マフラー交換(全体):15万円~

・ターボ交換:10万円~

このように、交換する部品によってはかなり高額な部品もあります。

車検の際に、これらの部品が複数交換が必要となる場合もあります。

そうなると、部品代と工賃が積みあがって、車検代が30万円になってしまうこともあるのです。

年式が古くなってきた、走行距離が10万キロを超えてきた、という状態になってくると、高額な部品交換も必要になってくるのです。

必要のない部品交換(過剰整備)

これは、ディーラー車検でよくあるケースですが、まだ交換の必要のない部品まで交換を進めてくるケースです。

メーカーが推奨する交換のタイミング(年数や走行距離)をもとに、部品の状態に関係なく交換を進めてくることがあります。

また、新車に買い替えて欲しいので車検費用を高く提示するお店も、悲しいかな存在します。

さすがに「車検で30万円」と言われると、買い替えも検討しますよね。

車検代で30万円かかるのは、やはり年式の古い車

新車で購入して初回(3年目)や2回目(5年目)の車検見積もりで30万円、という金額はそうそう出てきません。

よほどシビアコンディションで過酷な運転をしない限り、交換部品もそれほどは必要ないからです。

ただ、これが5回目(11年目)以降になってくると、高額な部品の交換も発生します。

車検時に、一気に必要な部品を交換すると、30万円以上と高額になってしまいます。

バッテリーやタイヤ交換などは、必要な時にカー用品店などで安く済ませておくと、車検時の費用も抑えられます。

年式の古い車は税金も上がる

少し話はそれますが、年式の古い車は税金も上がってしまいます。

新車登録から13年経つと自動車税は約15%、自動車重量税は13年超で約1.4倍、18年超で約1.5倍にもなります。

自動車税は毎年かかる税金ですし、自動車重量税は車検時にかかりますので、車の維持費を考えるとかなりキツイ増税です。

「車検代30万」じゃあ、買い替える?

今の車は、ハイブリッド車が主流になってきて、燃費性能も昔の車と比べると格段に向上しています。

ガソリン代も買い替えで抑えることができます。

また、エコカー減税が導入され、新車購入時の税金や初回の車検時の税金も優遇されます。

これらのことを考えると、車検を通さずに「買い替え」という選択肢も当然出てきます。

とはいえ車の購入には、かなりまとまったお金が必要になります。

買い替えで気になるのは、「今の愛車がいくらで売れるか?」ということではないでしょうか。

まずは愛車の査定相場を調べてみよう

車検か買い替えか、を判断するうえで必要なことは、「愛車の最新の査定相場を知っておく」ということです。

それがわからないと、お金の算段ができません。

車の査定相場は、毎日全国で行われている中古車オークションの売買価格で決まっています。

毎日変動しているのです。

そのため、インターネットで調べても、雑誌を買って調べても「最新」の相場はのっていません。

中古車オークションの業者も、リアルタイムに相場をネットで公開することはありません。

その方が、「相場よりも安く査定しても、ユーザーは気づかない」からです。

特に、ディーラーは新車を売ることが本業であるため、車の下取りに関しては積極的ではありません。

年式の古い車なら、なおさらです。これが「ディーラーに下取りに出すと損をする」、といわれる理由です。

このように、一般ユーザーが最新の査定相場を知ることは難しいのです。

でも、こちらのサイトを使えば簡単に調べることができます。

かんたん車査定ガイド

多くの買い取り専門業者が加盟していて、相場のデータベースを保持しています。

わずかな入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

同時に最大10社に見積もりを依頼できますので、一番高く買い取ってくれるお店と金額もわかります。

無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-車検か買い替えか

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.