年数で考えてみた

10年目の車検|10年以上たつと1年車検?税金は上がるの?

更新日:

10年落ちの車

新車で乗用車を購入した場合には、初回の車検は3年目、それ以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。

「10年経つと1年車検で、毎年車検を受けることになる」という話も、昔聞いた記憶があります。

また、「税金も古い車は高くなる」とも言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は10年目の車検についてのお話です。

10年落ち・10万キロ以上の【古い車】を高く売る方法はコレ!

10年落ちの車は1年車検って本当なの?

2018年10月現在の法律では、乗用車(普通車・軽自動車)の車検有効期間は、新車購入時からは3年、それ以降は2年となっています。

実は昔は、「10年以上の車は1年車検」ということがありました。

平成7年7月から、車齢が11年を超えた自家用乗用自動車の検査有効期間が1年から2年に延長されました。

引用:内閣府ホームページ

ただし、今でも下記の営業用の車の車検は1年となっています。

  • 貨物自動車(1トン以上)
  • タクシー
  • バス

人を乗せることを仕事とする車や、荷物を載せて長距離を走る車は、やはり1年ごとに検査をしましょう、ということですね。

税金についてはどうなの?

平成26年に施行された自動車税の「グリーン化特例」

環境に優しいクルマの税金を安くする一方、13年を超える古い車は環境への負担が大きい、ということで税金が高くなるというものです。

新車での最初の登録から13年以上が経過した車の自動車税重量税重課されています。

そして、平成28年4月からさらに増税が行われました。

自動車重量税

自動車重量税は、新車の購入時や車検の時にかかる税金です。車の重量によって課税額が変わってきます。

この自動車重量税は13年以上経過すると割増になります。

車両重量 通常 13年経過 18年経過
軽自動車 6,600 7,600 8,800
~500kg以下 8,200 10,000 12,600
~1,000kg以下 16,400 20,000 25,200
~1,500kg以下 24,600 30,000 37,800
~2,000kg以下 32,800 40,000 50,400
~2,500kg以下 41,000 50,000 63,000
~3,000kg以下 49,200 60,000 75,600

自動車税

自動車税は、毎年4月1日時点での車の所有者に対してかかる税金です。

毎年のことですので、増税はかなりキツイですよね。

この自動車税も13年を経過すると割増しになります。

車種排気量 通常 13年経過(平成26年度) 13年経過(平成27年度以降)
1L以下 29,500円 32,400円 33,900円
1L超~1.5L以下 34,500円 37,900円 39,600円
1.5L超~2L以下 39,500円 43,400円 45,400円
2L超~2.5L以下 45,000円 49,500円 51,700円
2.5L超~3L以下 51,000円 56,100円 58,600円
3L超~3.5L以下 58,000円 63,800円 66,700円
3.5L超~4L以下 66,500円 73,100円 76,400円
4L超~4.5L以下 76,500円 84,100円 87,900円
4.5L超~6L以下 88,000円 96,800円 101,200円
6L超 111,000円 122,100円 127,600円

このように、10年では税金は変わりませんが、13年経過すると税金が上がります。

これは、事前の通知や説明もなく、納付書の金額が上がったものが送られてくるだけです。(筆者の経験です)

どうなの?

自動車保険を見直すと、こんなに保険料が安くなる!?

10年目の車検費用って、どうなの?

10年目ということは、新車登録から4回の車検を経て、翌年は5回目の車検という年です。

この年式になると、交換部品も多くなってくるので、車検にかかる費用としても、割高になってきます

交換が必要となる可能性がある部品は、これまで過去のメンテナンス状況にもよるでしょうが、

エンジンオイルやATFなどのオイル類、ブレーキ周り(ブレーキフルードやブレーキパット)、ベルト類など多岐にわたります。

特にタイミングベルトを使用している車は、10年目はちょうど交換時期に当たりますが、工賃を入れると5万円以上かかってきます。

またタイヤ交換やバッテリー交換も同時に、となると一気に車検費用は跳ね上がります。

車検費用が20万!

と言う事も起こりうるわけです。

「そろそろ、寿命かな?」という事も考えたりしてしまいますが、最近の車は性能が良く、一昔前に言われていた「車の寿命は10年、10万キロ」なんてことはありません。

10年落ちの車でも、メンテナンスさえ普通にしていれば、まだまだ現役で走ることは可能です。

ただ、10年も経つと、車検をディラーに持ち込むと「そろそろ買い替えませんか?ガソリン代も随分下がりますよ。」と言われますよね。

メーカーやディーラーは、新車を売ってナンボですから。

そして10年も乗っていると、「そろそろ飽きてきた」ころでもあると思います。

この飽きてきた、という事は結構車を買い替える大きな理由なのです。

そうなれば、「車検を通すか買い替えるか?」ということも頭をよぎりますよね。

10年目 車検

車検を通す前に調べてみよう

車検は、やはり結構な出費です。10年以上経って、車検の回数が増えるとなおさらです。

車検は、車の買い替えのタイミングとして一番多い節目です。

車検を通した後で、「買い替えておけばよかった!」となるかもしれません。

10年落ちの車だから、「査定はつかないだろう」と、決めつけるのは勿体ないです。

年式の古い車は、ディーラーでは下取り査定がつかないことも多いですが、車買取専門店では結構な金額が付くことも少なくありません。

海外に輸出のルートを持っている業者は、積極的に年式の古い車でも買い取ります。

日本車は海外では人気の信頼できるブランドなので、年式の古い車でも走行距離が多い車でも、バンバン売れるのです。

ですので車検を受ける前に、少しでも買い替えが頭によぎったら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

車検を受けるかどうかは、この金額を見てから判断すべきです。

でも、車の査定相場は毎日変動しているので、ネットや雑誌で調べても載っていません。あるのは過去のデータで、参考にもなりません。

こちらのサイトを使えば、簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかります。

かんたん車査定ガイド

同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

もちろん無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

10年落ちの車の車検、どこで受けるか迷ったら

10年落ちの車をディーラーに持ち込むと、「そろそろ買い替えて下さいよ~」と必ず言われます。

ディーラー車検は高いし、どこか良い車検業者はいないかな?といろいろ探されることでしょう。

車検業者を探すときは何を基準に探しますか?

金額?サービス?

どちらも当然重要ですよね。

でも初めての業者だと、「実際どんな車検をして金額はどうなのか?」ということが不安になります。

こちらのサイトですと、実際のユーザーの口コミや作業実績が見れます。

Goo Pit

ここで気になるお店に、概算金額を問い合わせてみることをお勧めします。

そうすることで、事前に車検にかかる費用の概算を知ることができます。

ネットで無料で使えますので、一度試してみてください。

口コミを見れるのは安心できますし、車検業者探しの大きな判断基準になりますよ。

おすすめ記事

車検の時期 1

車検の案内がディーラーなどからくると、少し憂鬱になってしまいますよね。 まとまった費用を用意しなくてはなりません。 車の車検は、「どこで受けるか」によって料金やサービス内容は変わってきます。「費用の安 ...

自動車保険 2

車を運転する上で加入する保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 自賠責保険は、加入が義務付けられている強制保険です。 未加入ですと車検も受けれませんし、公道も走れません。その ...

ポイント 3

車検の回数が増えて、交換部品が増えてくると「そろそろ買い替え時期かな?」という思いがよぎることもありますよね。 乗り続けて修理代がかさむ事を考えると、新車に買い替えたほうががガソリン代も安くなるし、安 ...

車の査定 4

車検が近づいてくると、「今度の車検代、いくらくらいかかるんだろう?」と気になりますよね。 3回目4回目と車検の回数が増えれば、交換部品もい多くなり、費用もかさみそうです。 そんな時は、愛車の最新の査定 ...

ポイント 5

車検が切れた車を売ることは可能なのでしょうか?もし売れるなら少しでも高く売りたいものですよね。 でも査定をしてもらうために運転して持ち込むことはできませんし、来てもらうと費用が掛かるのでは?と心配です ...

-年数で考えてみた

Copyright© 車検大辞典 カースマイル , 2019 AllRights Reserved.